fbpx .breadcrumb{display:none;}

東京オリンピック2020

東京オリンピック2020

2020東京オリンピックまであと1年となりTVでも応援ソングが決まったり
「ミライトワ」「ソメイティ」というキャラクターが決まったりと、競技選手や宣伝活動だけでなく企業が一体となって活動を進めています。

その中でも今回は「TOYOTA」について話を進めていきます。

日本を代表する企業にも名をあげられるトヨタ自動車ですが
オリンピック・パラリンピックのワールドパートナーとして7月22日に新たな試みについて報告を行っています。

「マスコットロボット」「T-HR3」「T-TR1」「FSR:Field Support Robot」の導入

 

「いい町・いい社会」の創造をめざすトヨタが、クルマの生産やそのために導入してきた産業用ロボットの技術を活かし、時代のニーズに応えるべくはじめたチャレンジ。
それが、人の活動をサポートし、人と共生するパートナーロボットの開発。
トヨタの想いは、“START YOUR IMPOSSIBLE”。少子高齢化時代を迎えたいま、一人ひとりの生活の質を高め
人生をより豊かなものにするために、パートナーロボットの開発を通して、“MOBILITY FOR ALL”を実現していきます。

 

と掲げているようにリハビリや生活支援するロボット心に寄り添うソーシャルロボットもあります。
今回オリンピックでまず導入が検討されているのが

 

マスコットロボット

これは液晶ディスプレイとカメラによって表情を変えたりとかわいらしい姿が特徴的ですね。
身長も低くつくられており、子どもが会話しやすい設計になっています。

 

 

T-HR3

コチラは人型のロボットで関節なども作りこまれています。
遠隔地にいる方との交流が出来る事がメリットであり、人が動かしていることで
コミュニケーションにも特化しています。VRを搭載しているので操縦者も臨場感をもって操作できる利点もあります。

 

 

T-TR1

液晶ディスプレイに等身大の人が移り会話が可能となっているため、遠隔地の人でも仮想的に参加出来る。
人が歩く速度と同じ速度での移動も可能となっている。

 

 

FSR:Field Support Robot

競技の進行をサポートすることに特化しており、投擲競技での回収作業が出来るよう設計されている。
最高時速20キロと速度も早く実用的。

 

 

オリンピックやパラリンピックのチケットは競争率の高くいける人も多くはないはずですがその中でもロボットが
特性を生かす事で遠隔地でも参加できるのはメリットですね。

 

そんなTOYOTAがオリンピックの混乱にそなえ今日24日から4日間

 

東京に勤務する1600人の社員全員に在宅勤務を試験的に行っています。

 

在宅での勤務内容は「電話対応」「メール対応」等です。

 

交通機関の混乱も考えられるため、東京オリンピックやパラリンピックを機会に在宅ワークを検討する企業も少なくありません。

 

「働き方改革」についてもいち早く反応していたTOYOTAだけにオリンピックを機会に在宅勤務を導入する動きも検討していそうですね。

 

今後の働き方をあなたも見直していくのはどうでしょうか?

 

オリンピック・パラリンピックで在宅を導入する企業がおおい理由は

「首都高速の渋滞」「交通機関の混雑」

が主な理由ですよね。

 

でもこれはオリンピックに限らず、常に抱えている問題ではないでしょうか?

 

時差出勤を導入している企業があるくらいです。現状でも十分大きい問題です。

 

であれば今企業が在宅勤務を導入してもいいですよね。

 

しかし、ここには機密情報の流出等の危険性かあります。

 

導入したくても現在、出来ない理由があるんです。

 

でも、当社では在宅勤務を可能にしています。

 

それが
「ネットショップ運営」なんです。

 

起業することにはなりますが運営サポートがついているので

 

そこまでおおきな負担がありません。
在宅だから上司がいないため困ったときにどうすればいいの?

 

そんな悩みもサポートがあれば解決です。

お問い合わせ

ご興味がある方はもちろん、気になる点や質問などがございましたら
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

「*」は必須項目です。

WEB検索ご紹介FacebookInstagramその他



ネットショップ運営について運営の補助作業(出品代行)副業に興味がある方起業・独立に興味がある方在宅ワークに興味がある方取材・マスメディアの方その他


 

詳細はこちら↓