fbpx .breadcrumb{display:none;}

『やり抜く力「GRIT」とは?』

『やり抜く力「GRIT」とは?』

『やり抜く力「GRIT」とは?』

「GRIT(グリット)」という言葉を聞いた事はありますか?
米国ではここ数年、成功を収める為の最も重要な要素として注目を集めています。

日本ではライフスキルの1つとして

この言葉を「やり抜く力」と表現しています。

今回はGRITについて話を進めていきたいと思います。

結果がなかなか出なくて、途中で投げ出す方の多い副業・在宅ワークでも
GRITは役に立つと私は考えます。

GRITは4つの言葉から作られた造語で、下記4つの要素を含みます。

・度胸(Guts):困難に挑み、逆境にたじろかない勇気

・復元力(Resilience):挫折から立ち直る力

・自発性(Initiative):率先して物事に取り込む力

・執念(Tenacity):どんな事があっても物事に集中し継続する能力

GRITの良い所は、才能と違って後天的なものなので
努力次第で得る事が出来る所にあります。

そのGRITを身につけるコツも実はあるんです。

1.興味があることを見つけ、それに打ち込む

GRITは「度胸」と「執念」から構成されると紹介したように、

まずは自分が情熱を傾けられることを見つけることが大切です。

2.失敗を恐れずチャレンジし続ける習慣をつける

まずは「無理」と思わずに「こうすれば、できるんじゃないか」「成功する方法があるのではないか」と

物事を前向きに捉えるクセをつける。

目標を達成するには困難がつきものです。1度上手くいかない事で挫折し、立ち止まらずに

複数のプランを用意し、時には、竹のようにしなやかな復元力を持って突き進む事も大切です。

3.小さな成功体験を積む

まずは自分でも出来そうな所から始め、成功したという実績を作る。

徐々に目標を高めていき、そこでも成功した実績を積んでいく。

自分のスキルより少し上に目標を設定しそれをクリアする経験を積むことでGRITを高めていく事が出来ます。

4.メンターがいる環境に飛び込む

人は周囲の人や環境から自然と吸収したり身に付く力も多くあります。

仲の良い人とは自然と価値観や考え方が似てきますよね。

成し遂げる力を身につけるのは、

目標にしている人やメンター(GRITの高い人)が集まる環境に飛び込むことが実は1番効果的かもしれません。

身近な所から始めるのなら、

家族や友人、同僚と何か一緒になって挑戦する事も効果的です。

仕事の成長率を競いあったり、筋トレ、学生時代テストの成績を競いあった事なども経験につながっていますね。

難しく捉えすぎている方も多いですが実は気づかずに行えている方も多いのではないでしょうか?

少しずつGRITを意識しながら生活する事でより自分を高めていきましょう。

 

あなたの「変わりたい」「挑戦したい」というGRITを副業で活かしませんか?
弊社は、あなたの意志を支える為の準備は万全です。
弊社がメンターとなってサポートさせて頂きます。
力強い後方支援でやり抜く力を身につけましょう。そして相乗効果で収益を伸ばしていきましょう。

弊社の副業のお話だけでも聞いてみたいという方
是非、下記のURLからお問い合わせください。
https://laughalliance.com/shiryou-form/

詳細はこちら↓